「駅きかく会議」世話人コラムpart4

世話人 吉川 茂
 
 新潟駅高架化に伴い、駅周辺を整備する必要が生じました。そこで私たちは、駅きかく会議を立ち上げ、広く市民の参加を得て、いろいろな考え方や希望をお聞きし、その実現に努力しようと思ってやって参りました。
 駅は一体誰のものであろうか、大きく申し上げれば国民全体のものであり、小さく申し上げれば市民のものであろうと思います。即ち駅は市民とJRと共存共栄の関係にあると思います。
 そこで考えなければならないことは、このような大事業を為す時の行政の取り組み方の問題です。大事業であればあるほど事前に住民に提案し説明し官と民が一体となって成し遂げなければならないと思います。その点、市の取り組みに配慮がなかったことは残念です。
 俺は「市」だ俺は「市民」だと云う構えた姿勢ではなくもっとくだけた互いにへりくだった態度が必要だと思います。この大事業の成功はかかって、住民との十分な話し合いが大切と痛感します。

[PR]

by niigata-eki | 2005-02-28 16:36 | 世話人コラム  

<< 「駅きかく会議」世話人コラムp... 設計者からの一言コラムpart3 >>