<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

たくさんのご意見ありがとうございました!

9月12日〜23日の12日間にわたり、市民の皆さんから図柄案に対するご意見を募集したところ、167件のご意見を頂きました。
皆さん、本当にありがとうございました。

頂いたご意見は、現在、集計作業中ですが、プランB(テーマ:ふうけい)への投票が一番多かったようです。ただ、図柄決定にあたっては、一番投票が多かった案をそのまま採用するのではなく、頂いたご意見を考慮しながら、次回のワークショップで協議していく予定です。

ちなみに・・・
第3回ワークショップは、10月13日(月・祝)の午後1時30分から、プラーカ3の4階で開催します。(詳細は、近日中にお知らせします)

今回の意見募集をきっかけに、より多くの皆さんからもワークショップへご参加頂けると、私たち駅きかく会議としても嬉しい限りです。

今後ともよろしくお願いします。
[PR]

by niigata-eki | 2008-09-25 23:30 | ワークショップ結果報  

コネクターキューブの図柄案に対する市民意見募集!

b0044653_142951.jpg

 今年7月から2回のワークショップを開催して検討を進めてきた、コネクターキューブの図柄案。これまでの検討結果を踏まえ作成した3つ案について、広く市民の方々からご意見を募集します。

詳しくは以下のページをご覧下さい。

PC利用の方:
市民意見募集のページ

携帯からアクセスの方:
投票ページ
[PR]

by niigata-eki | 2008-09-12 01:06 | 参加者募集告知  

新潟駅・駅前広場の活用を考える勉強会(第2回)開催報告

b0044653_16144532.jpg


開催日時  平成20 年9月9日(火) 19:00 〜21:00
開催会場  新潟駅周辺整備事務所
参加人数  12名
ゲスト   広島市都市活性化局観光交流部交流課 繁喜博氏
テーマ   公共空間を利用する際の留意点は?
内  容  水辺のオープンカフェ等を先進的に展開している広島市。そこで、広島市の担当者
      をゲストの招き、水辺のオープンカフェの仕組みや現状等を伺いながら、新潟での
      方向性を考える。

----------------------------
議論のまとめ
----------------------------
広島市における水辺のオープンカフェの取り組みについて
【平和大通りオープンカフェ】
・H10〜13年に実施(13年で中止)。
 →天候によるリスクが高いことや最長で3ヶ月までしか警察が許可しないため
・道路使用許可が最もハードルが高い。
【元安川河川緑地パラソルカフェ・オープンカフェ】
・H11〜19年に実施。
・カフェの収益からパラソルの設置・撤去費用を捻出
・アート作品の販売を行っていたが、高い出店料がネックとなり、H15年で中止。

 2つの社会実験を重ね、「水の都ひろしま推進計画」を策定。官民で公共空間の活用を推進し
ている。推進にあたっては、推進協議会(国、県、市、学識経験者などで構成)を設置し、3つの
部会を設けて実務的な協議を行っている。

【ひろしま朝市】
・平和大通りで定期市を開催。
【ひろしまドリミネーション】
・イルミネーションイベント。
 →道路専有料は減免措置
 →総事業費は4,000万円(内2,800万円は市が負担)
 →17〜23時の開催
【京橋川オープンカフェ】
・最長6年の出店が可能。(契約満了時には更地にして返すことが条件)
 →事業者側にとっては、6年というスパンでは投資金額の回収が難しく、リスクは大きい
・官民双方で費用負担。(店舗=民/道路等=官)
・定期的に緑地清掃を義務化。
・店舗の選定には「事業コンセプトがあっているか」「経営計画が適切か」という基準で判断
 している。あくまでも「賑わいづくり」が目的である。
  →営利と公益性のバランスが課題
 →収益がプラスマイナスゼロになっているかが、営利か否かの判断にしている

○京橋川オープンカフェが生み出した効果
・公共空間の魅力向上
・不法駐輪の減少
・夜間の安全性向上 など

※ここから新たなまちづくり活動も生まれている(水辺のコンサート/市民活動助成等)。ただし、
 河川の特例措置が必要な催しは準備に時間が掛かる(内容によっては半年から1年はかかる)。

○現状の課題
・将来的にも市が事務局をやりつづけるのか?
・営利事業に対して、管理者は許可を出したがらない。
 →市が中心になっているからこそ、管理者が許可を出している面もある
 →警察が関わるところ(道路等)は許可が出にくい
・地先利用型の店舗はよいが、独立店舗型はリスクが高い。
 →現在、事業の見直しを検討中
 →現在、京橋川オープンカフェは、地先型4店舗・独立型4店舗という状況だが、独立型の
  1店舗は3年目で退去予定
・「営利かどうかという判断の困難さ」「事業者は高いリスクを負担する」ということが大き
 な課題である。
・事業性との関わりをどうするかが難しい。(店舗でのアルコール提供の是非を当初は議論した)


<第2回勉強会のポイント>
○民間が「営利目的のための公共空間を活用する」というのは、なかなか難しい。公共性と出
 店者の事業性のさじ加減が特に!
○飲食店が出店する場合、地先利用型ならばよいが、独立店舗型はリスクが高いため民間事業
 者は乗りづらい。
○道路使用について、警察許可はなかなか下りにくい。

b0044653_16184863.jpg

[PR]

by niigata-eki | 2008-09-11 16:09 | ワークショップ結果報  

第2回「市民による南口広場整備ワークショップ」を開催しました

提示された9パターンの図柄案をもとに検討を行いました

 第2回のワークショップが8月30日(土)に開催しました。
 今回のワークショップでは、前回参加者から選んで頂いた写真をもとに作成した9つの図柄案が提示され、これをもとに議論を進めました。
b0044653_051915.jpg

【9つの図柄案】
 写真の配置で3パターン、写真の表現方法で更に3パターンが提示されました(3パターン×3パターン=9パターン)。

パターンA-1(1つの写真を配置/モノクロ写真)
b0044653_0294617.jpg

パターンA-2(1つの写真を配置/シルエット風)
b0044653_0303040.jpg

パターンA-3(1つの写真を配置/スケッチ風)
b0044653_0312111.jpg


パターンB-1(色々な写真を整然と配置/モノクロ写真)
b0044653_0343225.jpg

パターンB-2(色々な写真を整然と配置/シルエット風)
b0044653_035212.jpg

パターンB-3(色々な写真を整然と配置/スケッチ風)
b0044653_0351399.jpg


パターンC-1(色々な写真をちぎり絵風に配置/モノクロ写真)
b0044653_0352690.jpg

パターンC-2(色々な写真をちぎり絵風に配置/シルエット風)
b0044653_0353779.jpg

パターンC-3(色々な写真をちぎり絵風に配置/スケッチ風)
b0044653_0354853.jpg


【ワークショップで出された主な意見】
b0044653_0512674.jpg

○表現方法は、モノクロ写真が良い。
○プランAで、壁面ごとにテーマを設け、写真を変えてはどうか。
  1号基:バス停が近いので、ビッグスワンをイメージ
   ◇使用する写真のテーマ:水・鳥・花
    ・南口広場面→正面の図柄を横長に
    ・正   面→ビッグスワンと鳥
    ・東   側→花系(チューリップ)
  2号基:タクシー乗り場があるので、田園風景をイメージ
   ◇使用する写真のテーマ:田園風景
    ・南口広場面→弥彦山と同方向で新潟を象徴する田園風景
    ・正   面→稲穂の田園風景
    ・西   側→囲炉裏、酒、おにぎり
○本当はプランAがよいが、素材写真が限定されてしまうので、3〜5枚の写真を組み合わせ、プランBのようにてはどうか。
○テーマを「水」にし、写真を3〜4枚にしてはどうか。

(テーマに関する意見)
 ・サッカーアルビレックスの試合の様子
 ・イベント(祭り、光のページェント、夕日コンサートなど)
 ・良寛に関するもの(世界レベルで知られているので)
 ・テーマを設定して連続ものにする
 ・食(酒も含む)
 ・芸術(県出身作家の作品)
 ・県出身のマンガ家の作品
 ・港や空港、国際線の飛行機、佐渡汽船、北海道フェリーなど
  →玄関口であることをアピール
 ・市内8区から1枚ずつ
 ・春夏秋冬の風景
 ・新潟市は「水」「河川」〜水の都
  →鳥屋野潟、水上バス、税関、米、酒、船上交流
 ・「水」とつながっている催しなども入れる
  →夕日コンサート、大凧、民謡流しなどのお祭り、福島潟、ビッグ
   スワン、光のページェント

〈その他〉
・ 新津駅には芸大の宮田学長のステンドグラスの作品がある。ああいうものもいいのではないか。
・ 1号基と2号基で選定方法を変えてはどうか。例えば、1号基は新潟市民で選び、2号基は全国から意見をもらって決めるなど(外からのイメージは住民とは違うと思われるので)。
・ 次の張り替え時期には、図柄そのものを最初から検討できるようにしたい。
・ 素材があまりに古く時代がかっている。歴史を振り返っているような古さはいかがなものか。
・ 田舎らしさは誇れることだ。
・ 万代口の要素を南口に取り入れてもよいのでは?
b0044653_0514359.jpg


◇設計チームからの意見
b0044653_0585357.jpg
(使用する写真のテーマについて)
 現代の写真を使うなら抽象化する=現代の写真だから問題が残る。それならば、旧い写真を使う。モノクロ(もしくはセピア)の意味も出る。歴史的な写真を探したい。もともと広場は歴史の延長としてのコンセプトを持っている。
 ※古い写真のイメージ:潟の写真/線路(操車場)/田んぼ(昔の田園風景など)
(表現方法)
 一枚の写真でもいいし、そうでなければ写真と写真の「間」を持たせてもよいのではないか。

◎ワークショップでの決定事項
 ★テーマを設定し、1つの面に3〜4枚写真を配置して案を作成する。
 ★図柄の表現方法は、モノクロ写真とする。


今後の予定
 9月12日〜23日の12日間、図柄案を提示し、広く市民から意見を募集します。そして、ここで寄せられた意見を踏まえ、第3回ワークショップ(10/13(月・祝))で図柄を最終決定する予定です。
b0044653_0515529.jpg

[PR]

by niigata-eki | 2008-09-02 00:34 | ワークショップ結果報