<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

第2回「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」

第2回ワークショップが開催されました!
日時:平成16年8月29日(日) 1:30〜5:00
会場:NEXT21 6F 市民プラザ

b0044653_12233181.jpg 現在、駅周辺整備で焦点になっているのはズバリ「新潟駅の駅前広場」です。今年は「駅前広場」の「基本設計」が進められています。そして、来年以降にはより具体的に「実施設計」へと進んでいくことになります。まずは「基本設計」の中に様々な人の想いや意見を入れていこうということで設計者グループの方々と新潟市の協力のもと「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」を開催しております。第1回目のワークショップでは、新潟駅東側連絡通路を会場として広場の予定区域を実際に歩きながら計画案のスケールを感覚で感じてもらう機会をつくり、様々なご意見を頂きました。それを踏まえての第二回ワークショップを8月29日(日)に行いました。その時の様子をお伝えしたいと思います。
 今回のワークショップは(1)設計者グループの方々から世界・日本で行われている「広場の利用方法」についての事例紹介(2)これからの新潟駅の駅前広場をどのように使っていくのか?の「意見交換」。二つの柱で行いました。
 「広場の利用方法」事例紹介。ホントに色々な使い方があるのですね。パリのオープンカフェ、ボストンのマーケット等々。とてもこの紙面では全てを伝えることは難しいのですが、広場の使い方のイメージが沸いてきます。新しい新潟駅の南口広場は、札幌の大通り公園と同じくらいの幅で使えるようにしたいとのお話。普通、駅前広場というと交通広場(バスやタクシーの乗り場が中心)になっているところが多いのですが、新しい新潟駅の駅前広場では「交通広場」でない「使える広場」を実現させたいとのことでした。また、将来的には「万代広場」と「南口広場」、そしてそれらをつなぐ駅舎下の空間とを一体的な空間として考えたいとのお話もありました。ほうほう、夢が広がりますね。様子を知りたい方は次回ワークショップ参加して下さいね。お待ちしています。
 「意見交換」。事例紹介を受けての意見交換。4つのグループに分かれてそれぞれ意見交換を行いました。様々な角度から、「新潟駅について」「駅前広場について」意見を出し合いました。これらの意見を踏まえて設計者グループの皆さんは基本設計に取り組んでいくことになります。もちろん全ての意見が実現できるものではありませんが、設計者グループの方々には良い刺激になるはずです。
[PR]

by niigata-eki | 2004-10-14 12:14 | ワークショップ結果報  

第1回「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」

第1回ワークショップが開催されました!
日時:平成16年7月25日(日) 1:30〜4:30
会場:新潟駅東側連絡通路

b0044653_1252527.jpg去る7月25日(日)に,「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」第1回ワークショップ(新潟市主催)を開催しました。
 当日は22名の方からご参加いただき,まず,全員でプラ−カ3の屋上から,駅前広場の整備予定区域を展望! この後,グループに分かれて整備予定区域を探索し,気付いたことや想ったことを意見交換しました。
 参加者からは,計画づくりに市民側の意見を届けるための市民参加型組織の必要性や,平成13・14年度に実施した「新潟駅 駅舎・駅前広場計画提案競技(コンペ)」で最優秀賞を受賞した設計者グループへのご質問やご意見を多数いただきました。
[PR]

by niigata-eki | 2004-10-14 12:05 | ワークショップ結果報  

「駅きかく会議」世話人コラムpart1

「駅きかく会議」の発足について

                       世話人 小疇 弘一

 新潟駅が変わろうとしています。設計競技で選ばれた最優秀作品を基に、今年度、駅前広場の基本設計が行われます。設計競技の段階から「市民参加」が行われてきました。主催者が作る「応募要項」にプラスして、市民が話し合い、要望を集めた「市民の想い」を2回に渡って設計競技応募者に届けたのです。設計競技の要項には、実際の設計も「市民参加」を前提とすることが盛り込まれていました。
 新潟駅を立体化し、南北の広場が整備されるには20年以上の年月がかかります。その間、「市民参加」を継続していくのは大変なことです。これまで新潟市民が経験した事がない動きが始まろうとしているのです。「市民参加」と言うのは簡単ですが、その「参加」を支えていく仕組みが必要です。
 そこで、新潟駅周辺を考えるワークショップを企画し、運営する仕組みが立ち上がりました。「新潟駅周辺整備に関わる市民参加企画会議(略称「駅きかく会議」)」です。8月29日の「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」の参加者の中から、自主的に手を挙げた9名で構成されています。誰に頼まれたわけでない、新潟駅を愛する気持で集まった世話人、これからの動きに注目とお力添えをお願いします。
[PR]

by niigata-eki | 2004-10-14 11:25 | 世話人コラム  

駅きかく会議とは?

■そもそも「駅きかく会議」って何?

 これから新しい新潟駅づくりが始まっています。え!駅が新しくなるの?そうなんです。これから長い時間をかけて新しい新潟駅をつくる動きが始まっているのです。そのなが〜い駅づくりに「駅に関わる人」「駅を使う人」の意見や想いを反映させていこう!ということで「新潟駅周辺整備に関わる市民参加企画会議(略称:駅きかく会議)」が発足したのです。

 駅きかく会議のメンバーは「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」に参加している方の中から申し出のあった方々です。今年の動きとしては新潟駅駅前広場の基本設計に市民の意見を入れていこうということで「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」(H16年度5回開催予定)を企画しています。

今年度は「将来の新潟駅駅前広場を考える市民の集い」の内容中心にを皆様にお知らせして行きたいと思っております。
[PR]

by niigata-eki | 2004-10-14 11:08 | 駅きかく会議とは?