南口中央広場の使い勝手の検証を行いました

 9/12-13に開催したエキナンフェスタは、はじめて南口中央広場を使用して行うイベントということもあり、様々な点で試行錯誤の状態でした。今後、広場の利活用を促進させていく上では、今回の経験を次につなげていくためにも、きちんとした使い勝手の検証が必要ということから、実行委員メンバーで話し合いを行いました。以下に、出された意見の概要をお知らせします。

【イベントの準備・段取り】
 段取りは、時間のない中にしては上出来。準備作業は、経験者の力が大きかった。やってみてわかったことが多々あった。

【イベント内容について】
○初めてにしては上出来だと思う。やはり、天候に大きく左右された(初日の夕方は大変だった)が、天候のよかった2日目は来場者数はまずまずだったと思う。
○ミュージシャンの人は嬉しかった、またやりたいという意見だった。音があると人は集まってくるものの、出店数が少なくが若干さびしい印象があった。出店した飲食店の売上は、今回はあまり良くなかったようだ。

【会場レイアウトについて】
○開放感のある会場レイアウトにして正解だった。特にパラソルの設置は非常に効果的であった。
○広場南側の交差点付近に、通行スペースをつくる必要があることがわかった(スペースが無いと通行人が交差点へはみ出して通行し危険)。また、通行スペースとするために、配線の養生が必要となるほか、排水溝のフタが閉まらず、通行者には危険であることがわかった。
○外からの見え方というのは、イベント企画をする上で重要だと思った。ペデストリアンデッキからの眺めを考えると、駅舎側にテントを置くのはあまり好ましくないかもしれない。ウッドデッキはもっと活用すべきだった。

【人の動線について】
○歩道をまっすぐ入ってくる人が多かった。歩道を渡ったところに看板があるとよかった。また、ステージがあってもよかった。(今回はいろいろなところでやっていたが、やはりステージという位置づけがあるとよいと思う)

【設備について】
○使い勝手としては致命的なものはなかった。ただし、テントを毎回撤収(組み立て)をしなくてはいけなかったのが、不便であった。
○電力の容量について、もっと細かな事前確認が必要だったのではないか。(個々にブレーカーがついているのか、個々の容量はどうか)
○街灯にも、コンセントが設備されていたことは良かったが、電源・排水設備の配置は、使い勝手的に今一つのような気がした。
○広場利用のための備品(テントなど)があるとよい。

【搬入出について】
○搬入時にバスロータリーで荷降ろしをしたり、車道で降ろしていた。搬入場所は、きちんと下ろす場所を決めておくことが必要になりそう。
○搬入出の車の駐車場の問題がでてくると思う。(今回はプラーカ3脇の旧タクシー乗り場に停められて良かったが・・・)

【倉庫について】
○コネクターキューブの中に倉庫があってとても助かった。(台車が常備されていると更によいのだが・・・)
○倉庫内に照明設備が無く、作業時に暗くて困った。


何はともあれ、実際にやってわかったことが多々あったことが収穫でした。
こうした検証は、今後も継続していきたいと思います。
[PR]

by niigata-eki | 2009-10-15 14:55 | ワークショップ結果報  

<< 新潟駅南口中央広場・利活用推進... エキナンフェスタ開催しました! >>